技能実習法の成立に伴い、外国人技能実習機構が設立登記されました。今後の外国人技能実習生受入れはどのように・・・

外国人技能実習機構が設立登記

昨年成立した技能実習法に伴って、外国人技能実習機構が設立登記されました。

 詳細は厚労省ホームページにて
  http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000149333.html

これによってどうなるかは、以前より関係省庁よりアナウンスがあったので、監理団体の皆様はご存知かと思います。

今後の予定

厚生労働省の告知ページでは、今後の予定として以下のように説明しています。

----------------------------------------------------------------------------
できる限り速やかに、本部事務所と地方事務所を開設できるよう取り組んでいきます。

※ 事務所の設置予定地
本部事務所:東京都内
地方事務所:札幌、仙台、水戸、東京、名古屋、富山、長野、大阪、広島、
高松、松山、福岡、熊本
----------------------------------------------------------------------------

動き出すのは早くて春頃、遅くとも9月頃といった感じでしょうか。

いつ立ち入り調査があっても問題の無い体制整備に協力致します!

弊社では元監理団体職員である顧問が、監理団体様の技能実習監理体制・監理業務の適正化に協力しています。
基本、現行制度で問題ない状況であれば何も心配することはありませんが、中には現行制度でも問題がある点に気づいていない、分かっていない監理団体様がけっこうおられます。
特に農業を専門の監理団体様で、そういった方をお見受けしております。
弊社から技能実習生を受け入れていただければ、監理団体様、実習実施機関様の適正な実習実施体制確立にお力になります。
いつ何時、外国人技能実習機構による監査や立ち入り調査があっても、問題の無い体制の確立にお力になります
技能実習制度や労働基準法、職業安定法など、関係法令を熟知したうえで様々な実務アドバイスをさせていただいております。
ご興味のある方は是非お問い合わせ下さい。
宜しくお願い致します。

掲載日:2017年1月27日


ニュース一覧へ戻る|ホームへ戻る
中国送出し機関 青島瑞平国際経済技術合作有限公司へお問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP

中国送出し機関 技能実習生